DSAP(ディーサップ)とは


DSAP(Drug-controlled Safety Authorized Product)認証とは、食品における安全性の第三者保証制度として、スポーツ選手に対するドーピング防止に特化したものとなっています。

世界アンチ・ドーピング機構の規定する禁止物質をもとに、サプリメント等の食品に混入する可能性の高い成分を分析調査することにより、製品の安全性を保証する制度です。

認証は生産工程の管理、製品の検査分析結果を専門知識を持つ薬剤師が精査し、保証することでスポーツ選手を始めとした消費者に対し、安全性を強くアピールすることが出来ます。

また万が一の有事発生の際には製品の再分析などにより、認証製品に由来するものではないことを共に証明する体制が組まれています。

第三者認証としての総合窓口を設けることにより、サプリメントメーカー等が自身で検査分析を行うよりも安価に、また訴求力のある安全性保証を行うことが出来ます。